CoCoとSpanishなLifeに感謝…

アクセスカウンタ

zoom RSS とこなめ 「やきもの散歩道」

<<   作成日時 : 2007/02/19 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

少し、古ネタになってしまいましたが…

先月のプチ家族旅行
愛知県常滑市内を散策した時のつづきです
とこなめ「やきもの散歩道」を歩きました

画像


同じ東海地区のこんな身近なところに
素敵な散策スポットがあるとは
知らなかったぁ〜

まるで昭和の3,40年代にタイムスリップをしたような気分に陥ります
画像


狭く曲がった迷路のような道を辿ると、「土管坂」に

画像

登窯公園の登窯跡 10本の煙突
画像


軽自動車1台しか通行できそうにない道がとても多く
最初は短絡的に
普段の生活が大変だなと考えてしまいましたが

約1時間の散策で、心地よい汗をかくうちに
とても風情のあるいい街だと、思いました

画像


また、季節が変わったら遊びに来ようかと思ってます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おっ、やっと登場しましたね、常滑。

私も2年前のちょうど今ごろ、行ってきました。
特に洗練されているわけでもないのに、
歴史を感じさせる原風景の中で、
新たな文化の息吹に触れることができました。

マップを見ながら時々店舗をのぞいて
ゆっくり歩きましたが、
「常滑の街にこの散歩道」ということに、
とても説得力を感じました。
土地の力とでもいうのか、
ここが今でも生業の場であるからなのでしょう。

街並みの整備が一朝一夕では出来ないことを
ここでも実感しました。
るうかす
2007/02/21 23:46
るうかすさんの言うとおり
やはり、この常滑は
「人々が実際にそこで生きてきた」
という歴史の重みを感じますネ
そして、今なお、その歴史ある産業に対して
彼らは、真正面から、かつ 真摯に、
取り組んでいるところに、静かな迫力を感じます

Rome wasn't built in a 'day
(ローマは一日してならず)

身近にある”マガイもの”とは大違いですよね♪
CoCo
2007/02/25 22:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
とこなめ 「やきもの散歩道」 CoCoとSpanishなLifeに感謝…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる