CoCoとSpanishなLifeに感謝…

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマボウシ

<<   作成日時 : 2004/11/15 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 さすがに11月らしくなってきました。
 木枯らしで枯れ葉が散り、コートが必要な季節の到来です。

 我が家の玄関先のシンボルツリーは「ヤマボウシ」です。Benthamidia japonica(ミズキ科ヤマボウシ属)。ある解説によれば…
 ヤマボウシは本州から九州に分布する落葉の亜高木。
 朝鮮から中国にも分布する。ブナ林にも生育するが、丘陵地帯の二次林にも生育する。適潤地で良く生育し、乾燥する場所ではあまり生育が良くない。
 近年庭園などに植栽されることが多くなったが、乾燥する場所では成績が良くないので留意が必要。葉は葉脈がはっきりしており、この仲間の特徴をよく示している。
 初夏に特徴のある花を咲かせて目立つ。4枚の花弁のように見えるのは総苞であり、その中心に多数の花がつく。花弁は4枚、雄しべは4本である。
 和名は山法師であり、白い総苞が白いずきんをかぶった山法師を連想することから付けられた。秋には赤く、イチゴを連想させるような果実ができ、甘くて食べられる。

 といっても、こんなこと全然知らずに、この木を選んだのですけどネ。
 最近、流行というか、どこもかしこもハナミズキで、やや食傷気味でした。
そこでハナミズキとは一味違って、手入れの楽な種類の木がないかな〜ということで行き着いたのがこのヤマボウシ…非常に単純な理由です。

 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)との違いは,花(本当は花ではなく総苞というらしい)の色が白のみであることや,総苞の先がとがっているとか,実の形が違うなどということから見分けられるようです。
 ハナミズキは 4 月頃に花が咲きますが,ヤマボウシはそれより 1 カ月くらい遅れて咲くとのことです。

 さて、落葉樹とも知らず、ここのところ枯れ葉が多いので、「うどん粉病」などの病気にやられて、植栽に失敗したのかな!などと考えていたほどです。こんなド素人にできるかどうかわかりませんが、いろいろ調べると今月末ぐらいが剪定の好機だそうです。

 春になって、こんな花が咲くといいのですが…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤマボウシ CoCoとSpanishなLifeに感謝…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる