CoCoとSpanishなLifeに感謝…

アクセスカウンタ

zoom RSS 家づくり 番外編 その1

<<   作成日時 : 2004/09/16 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 この春、家を建て替えました。もともと(当時で築15年越え)中古住宅を購入し、住むこと10年。
 いろいろなところにガタが…台風が来る時は瓦が飛んでいかないか、年に1〜2回の積雪の後には、屋根から落ちる雪の塊がテラスを直撃!ここ最近は、テラスの柱の歪みがヒドくなり…ホントにヒヤヒヤ〜でした。
 しかし何よりも、近年中に起こると言われる「東南海大地震」にとても耐えれそうにない。やや手抜き的な材料の分譲住宅だったようで、小さな地震でも倒壊する雰囲気がありありでした。

 さて、古い家であればあるほどリフォーム業者さんからの投げ込みチラシや訪問を受けるものです。
 そこで、業者の訪問に、ややヘキエキされている方に、少しばかりの対症法を!
(特効薬は修繕することです⇒当たり前かぁ)


  業者:「ピンポ〜ン」
  家人:「は〜い、どちらさまですか?」
  業者:「私、この地区を担当していますA社の○○と申します。」
  家人:「はぁ。」
  業者:「失礼ですが、お宅の屋根、あまりお手入れされていないように見受けられますが、
      雨漏りとかありませんか?一度点検をさせてください。無料ですから…」 云々

(ここで、まともに相手をすると、業者さんの思うツボ)
★究極の一言
  家人:「借家ですから…」
(ここで、大抵の人はお帰りになる。時々、虚を突かれてか、状況が掴めない人には、丁寧に)
  家人:「借家ですから、大家さんに伝えておきますネ。」
〈稀に熱心なセールスマンだと、さらに〉
  業者:「「大家さんの連絡先を教えていただけますか?」 と深い突っ込みを仕掛けて来ます。

 まぁ、ここまで来たらあとは真面目にお付き合いするのもご愛嬌。また、連絡先を教える義理もないので、丁寧な言葉使いでお帰りになってもらったらどうでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家づくり 番外編 その1 CoCoとSpanishなLifeに感謝…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる